埼玉県内対応エリア(八潮市)│観葉植物のレンタルならグリーンフォエバー|東京・千葉・埼玉|オフィス・店舗

観葉植物レンタルなら
グリーンフォエバー

AREA
埼玉県内対応エリア(八潮市)

埼玉県内対応エリア(八潮市)

八潮市「八潮駅」から有限会社グリーンフォエバーへのアクセス方法

▼交通機関をご利用の方
つくばエクスプレス 各停 守谷行【八潮駅発 南流山駅着】乗り換え
→徒歩3分 武蔵野線 各停 海浜幕張行【南流山駅発 東松戸駅着】乗り換え
→徒歩3分 北総線 各停 羽田空港第1・第2ターミナル行【東松戸駅発 矢切駅着】
→矢切駅から徒歩12分、800m先に目的地があります。

交通機関での所要時間:約45分

▼車でお越しの方
八潮駅から県道54号まで進んでください。
県道54号を進んでください。
関戸通り・久兵衛通りを経由して国道298号から市川市 北国分まで行ってください。
国道298号を右折→右折→左折→左折で前方右側に目的地が見えてきます。

車での所要時間:約20分

観葉植物「ネフロレピス(ツデーシダ)」について

ネフロレピス(ツデーシダ)[シノブ科]

原産地●熱帯、亜熱帯

好適環境
20~30度
日陰
通風

冬越しの最低温度
●生育を続けるには10~12度(水やりは普通に)
●観賞状態を保つには7~8度(水やりは控えめに)
●株が生き残るには5~6度(鉢土をやや乾かしぎみに)

夏は風通しよく、蒸らさないこと

【傷んだ葉の整理】

小葉の落ちた葉や、黄色くなって倒れた葉は元から切りとる
引っ張ると株が抜けるので、ハサミで切る

【植えかえ】

生育がよいので、1年ごとに一回り大きな鉢に植えかえる
根土の周囲を軽くほぐす

用土
●観葉植物用土

【株分け】

●大きくなった古株は、鉢から抜いて2~3株に分ける
株元のかたい部分に浅くハサミをいれて、左右に引き分ける
大きすぎる場合はさらに2分する

●鉢の周囲にある小苗をとって植えてもよい
4号鉢に3~4本植え
2~3号ポットに1本植え

ネフロレピスには、タマシダ、ツデーシダ、ボストンファーン、ファンダンサー、クリスパーなどがありますが、最も普及し、よく知られているのはツデーシダです。ファンダンサーは黄金色の葉で室内の白い壁によくマッチします。クリスパーは繊細でふさふさした淡緑色の葉のやさしいシダです。いずれも外植えや、つり鉢として観賞するほか、子株をミニ観葉植物として楽しみます。
観葉植物のなかでは寒さに強いほうで、最低7~8度を保つ部屋なら十分に観賞できます。水を控えれば5~6度でも冬越しできます。

◎うまく育たないのは?

上部の葉が褐色になるのは日焼けです。日陰や明るい日陰を好むので、直射日光に当ててはいけません。ファンダンサーは室内でも窓辺では日焼けを起こし、最初は白く、やがて茶褐色になって枯れます。
下葉が枯れたり、葉先が枯れるのは水不足や根詰まりで根が傷んでいる結果です。1年に1回は必ず植えかえか株分けをします。また、葉は古い順に枯れていきます。古い枯れ葉は元から切りとります。

◎置き場所

生育期の4月下旬~10月は室内のほか、戸外の日陰に置くと健康に育ちます。庭木の枝に下げたり、家の北側などの日陰に置くとよいでしょう。冬は室内の暗すぎない場所に置くのがよく、暗いところに飾る場合は1週間交代で明るい場所に移します。

◎水やり

生育期は鉢土が白く乾いてきたら、葉水かけを兼ねて葉の上からたっぷり水をかけますが、梅雨や長雨にあわせ続けてはいけません。また、クリスパーは葉上から水をかけると蒸れて中のほうの葉が枯れるので、鉢土だけに与えます。
冬は鉢土が白く乾いて、2~3日たってからたっぷり鉢土に水を与えます。また、冬は空気の乾燥により葉先が枯れたり、小葉が落ちたりしますから、週に2~3回、霧吹きで葉水をかけます。

◎肥料

生育期は2~3カ月に1回の割合で、化成肥料を与えます。11月以降、春までは液体肥料の1000倍液を月に1回与えます。

◎病気・害虫

空気が乾燥していると、カイガラムシがつきやすくなります。早期発見に努め、湿ったガーゼでふきとり、その後殺虫剤を散布しておきます。
 
  
 

観葉植物レンタルの対応エリア