千葉県内対応エリア(松戸市)│観葉植物 レンタル | グリーンフォエバー|東京・千葉・埼玉

観葉植物レンタルなら
グリーンフォエバー

AREA
千葉県内対応エリア(松戸市)

千葉県内対応エリア(松戸市)

松戸市「松戸駅」から有限会社グリーンフォエバーへのアクセス方法

▼交通機関をご利用の方
京成バス 市川駅行【市川駅発 下矢切着】乗り換え
市川駅から下矢切までは約14分かかります。
間には10個のバス停があります。
→下矢切のバス停から南方向に松戸街道/県道1号を進んでください。
徒歩9分、700m先の前方右側に目的地があります。

交通機関での所要時間:約42分

▼車でお越しの方
松戸駅から旧水戸街道/流山街道/鮮魚街道/県道5号を進んで、国道298号から市川市北国分まで行きます。
国道298号から市川市北国分まで行ってください。
市川市北国分まで行ったら、右折→右折→左折→左折の順番で進むと前方右側に目的地の建物が見えてきます。

車での所要時間:約12分

観葉植物「スパティフィラム」について

スパティフィラム[サトイモ科]

原産地●熱帯アメリカ

好適環境
20~30度
湿度保持

冬越しの最低温度
●生育を続けるには13~15度(水やりは普通に)
●観賞状態を保つには8~10度(水やりはやや控えめに)
●株が生き残るには7~8度(鉢土を乾かしぎみに管理)

あまり日陰すぎる場所に置くと花がつかない

【ハイドロカルチャー】

鉢から抜き、根を水で洗ってよく土を落とす
片手で株元を持って、高さを保つ
容器の底に、腐敗防止用のミリオンAを入れ、ハイドロボールで植える
ハイドロボールは、根の間にもすきまなく入れる
植えたあとの管理はコーヒーノキと同じ
大きさのそろった子株を、根をつけてとる

●子株をとって植える
3株をまとめて植える

【株分け】

鉢から抜いて、分割または子株をとって植える
親株の回りに子株ができてふえ、株が大きくなっていく

●大きく分割して植える
大きく2~3分する
根鉢の周囲を少しくずして、根鉢より一回り大きな鉢に植える

用土
●観葉植物用土
●赤玉土…5
●腐葉土…4
●パーライト…1

スパティフィラムは、強い光線を必要とせず、草姿が美しくて形がくずれにくく、白い清楚な花が咲くなど、室内で楽しむ植物として最適です。また、鉢植えのほかにハイドロカルチャーでも楽しめます。
花が大きいものや草姿がやや大柄のもの、小柄なものなど、いくつかの品種がありますが、全体の草姿はほとんど同じです。
2年に1回、株分けして育てる方法と、そのまま鉢を大きくして大株に育て、1鉢からたくさん花を咲かせる方法とがあります。花は株の中心から出て、周囲に子株が発生し、その子株が大きくなると花が咲いてくる性質があるので、子株を分けて、3株ほどを1鉢で育てると、1鉢で3花を楽しめます。

◎うまく育たないのは?

花が咲かないのは光線不足です。暗い場所でも育つのですが、光が足りないと葉は濃い緑色で美しいかわりに、つぼみはつかず、花は咲かなくなります。また、光線が強いと花は咲きますが葉焼けを起こしてきたなく枯れてしまいます。葉の色も美しく、花も咲かせるには、室内の明るい場所に置くことです。

◎置き場所

室内のガラス戸近くなどの明るい場所で育てますが、生育期の5~9月は戸外の暗すぎない明るい日陰に置くとよく育ちます。ときどき戸外に出すのもよいでしょう。暗い室内に置く場合は、1週間交代に明るい場所に置きかえて育てるようにします。

◎水やり

生育期の水やりは、鉢土の表面が白っぽく乾いてきたらたっぷりと与えます。冬は鉢土が白く乾いて、さらに2~3日たってから、日中の暖かい午前中にたっぷり水を与えます。
鉢土に水をやるばかりではなく、葉水かけもたいせつです。夏の水やりは、葉水かけを兼ねて葉の上からたっぷり与え、冬は週に2~3回、日中の暖かい時間に霧吹きで葉水をかけてやります。
ハイドロカルチャーは、容器の水がなくなって4~5日たってから、容器の1/5の水を入れます。

◎肥料

生育期の5~9月に大粒の化成肥料を2~3カ月に1回与えるほか、4月と10月に2回ずつ1000倍の液体肥料を与えます。

◎病気・害虫

アブラムシがつき、ほっておくと葉がすす病になりますから、早めに防除します。

 
  
 

観葉植物レンタルの対応エリア