観葉植物のレンタルならグリーンフォエバー|東京・千葉・埼玉|オフィス・店舗・事務所

観葉植物レンタルなら
グリーンフォエバー

           

お試し1ヶ月無料キャンペーン|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川|オフィスや店舗に

コラム
2022.01.20 トックリラン(観葉植物の紹介)
コラム
2022.01.17 ティランジア(観葉植物の紹介)
コラム
2022.01.14 セラギネラ(観葉植物の紹介)
コラム
2022.01.11 スパティフィラム(観葉植物の紹介)
コラム
2022.01.08 ストレリチア(観葉植物の紹介)

SERVICE
サービス一覧(観葉植物レンタル等)

観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川|オフィス・店舗

RENTAL
観葉植物レンタル(オフィス・店舗)

観葉植物のレンタルサービスでは、
月2回の訪問メンテナンスを行っております。
お客様にて、植物への水やりやお手入れといった
手間は一切かかりません。
東京・千葉・埼玉のオフィスや店舗を中心に、
グリーンアドバイザーがお客様のご要望に沿った
最適なプランをご提案致します。

MAINTENANCE
観葉植物のメンテナンス(オフィス・店舗)

伸びすぎてしまったり見栄えの悪くなった観葉植物を
キレイな姿に整えます。

DISPOSAL
観葉植物の処分(オフィス・店舗)

弱ってしまったり枯れてしまった植物を処分いたします。
鉢植えの解体などの余計な手間は必要ありません。

USED
観葉植物の中古販売(オフィス・店舗)

弊社は、企業向けに観葉植物のレンタルリースをしています。
その中で、大きく生長し過ぎた・樹形が乱れた・葉が少なくなってしまったなどの理由でレンタル先から引き下げてきた観葉植物を超激安・大特価価格(10号サイズが1,000円~)にて店頭販売しております。

                       

中古販売|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

観葉植物レンタルの設置事例
オフィス・店舗・事務所の観葉植物レンタル

設置事例1|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川

設置事例2|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

設置事例3|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

設置事例4|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

設置事例5|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

設置事例6|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

設置事例7|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

設置事例8|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

設置事例9|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

設置事例10|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

グリーンフォエバーの特徴
オフィス・店舗・事務所の観葉植物レンタル

特徴1|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

グリーンフォエバーの特徴 1
プロの目利でご提案

人気の植物やオシャレな植物をプロの目利きで
お客様の職場に設置致します。

特徴2|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

グリーンフォエバーの特徴 2
毎月2回のメンテナンスサービス

剪定・葉の洗浄・水遣り・病害虫予防などのメンテナンスを致します。

特徴3|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

グリーンフォエバーの特徴 3
定期的に観葉植物(レンタル)の無料交換

定期的にレンタルの観葉植物を交換致しますので、
様々な種類の植物をお楽しみいただけます。

特徴4|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

グリーンフォエバーの特徴 4
不要な植物の引き取りも簡単

鉢に土が入ったままでも!鉢植えの解体などの余計な手間は必要ありません。

特徴5|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

グリーンフォエバーの特徴 5
ご希望の植物のお選びいただけます

数ある観葉植物の中からお選び頂くことも可能です。
勿論、ご提案・お見積り無料!

特徴6|観葉植物レンタル|東京・千葉・神奈川(オフィス・店舗)

グリーンフォエバーの特徴 6
スタッフ全員園芸装飾技能士を取得

スタッフ全員が園芸装飾技能士の資格を有しておりますので、
その確かな技術と安心をご提供致します。

観葉植物レンタルの対応エリア
オフィス・店舗・事務所の観葉植物レンタル

東京都内エリア

オフィス・店舗・事務所の観葉植物レンタル

足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 
北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 墨田区 
台東区 中央区 千代田区 豊島区 文京区 港区 目黒区 など

東京都内エリア|観葉植物レンタル

千葉県エリア

オフィス・店舗・事務所の観葉植物レンタル

千葉市稲毛区 中央区 花見川区 美浜区) 我孫子市 
市川市 印西市 浦安市 柏市 鎌ヶ谷市 白井市 流山市 習志野市 野田市 船橋市 松戸市 八千代市 など

千葉県エリア|観葉植物レンタル

埼玉県エリア

オフィス・店舗・事務所の観葉植物レンタル

朝霞市 川口市 越谷市 草加市 戸田市 三郷市 八潮市 
吉川市 和光市 蕨市 など

埼玉県エリア|観葉植物レンタル

お知らせ
オフィス・店舗・事務所の観葉植物レンタル

観葉植物コラム
オフィス・店舗・事務所の観葉植物レンタル

カレンダー
オフィス・店舗・事務所の観葉植物レンタル

グリーンフォエバーのオフィス用観葉植物レンタル

観葉植物の設置方法にはそこまで複雑なものはありません。観葉植物の種類と鉢カバーなどのデザインが決まっていれば、その設置する空間に合わせて、ある程度設置する場所やその方法は決まってきます。しかし、だからといって観葉植物の配置が全て同じという訳ではなく、植物を使ってその空間をこうしたいという目的がある場合には、その用途に合わせた設置方法やレイアウトを作ることもできます。では、植物を使った空間づくりの目的とは何でしょうか。

オフィスに観葉植物を設置して得られる様々なメリット

  • インテリアやオフィスデザインと調和させることによってオフィスに革新的なデザインを作り上げる。
  • 緑を配置した空間を作ることで視覚的にリラックスした空間を作り上げる。
  • 植物を通じて社員のコミュニケーションを行う場を作り上げる など

無機質な事務用品に囲まれたオフィスという空間に自然の緑をもたらすことでオフィス空間を改善することができます。しかしその一方で植物を取り扱うとなると、購入方法やメンテナンス・手入れの方法で悩むため二の足を踏んでいる方も多くいらっしゃるでしょう。グリーンフォエバーは観葉植物を取り扱う専門家です。オフィスに有効に観葉植物を導入する方法やその活用方法、手入れの方法から鉢カバーの選び方までご紹介していきます。

グリーンフォエバーがご紹介するオフィスの観葉植物

オフィスに適した観葉植物とは

観葉植物には光を好むものとそこまで多くの光がなくても生育可能な植物があります。配置を考えている箇所に応じた種類の植物を選択することが重要です。
また、植物を配置する場所に適した種類の観葉植物を選択することも大切です。 エントランス・受付・ロビーなどの外部の人が多く訪問する可能性がある場所には、アレカヤシ・オーガスタ・ユッカ・ドラセナ類などの植物を、オフィス内の業務や事務作業などを行い、内部の人が多く活動する場所には、サンセベリア・ユッカ・ドラセナ類などの植物を、会議室や商談スペースなど、複数の人数でかしこまった話をする空間にはオーガスタ・パキラなど、休憩所などのリラックススペースではアイビーやポトスなどを配置するのが一般的です。
オフィスに植物を配置する際にはその空間の雰囲気に適した植物を配置すること。また光量や風通しなどの環境を考慮してその空間で生育が可能な植物を配置することが大切です。また、業務の阻害をしないよう、デスク上や動線には配置しないように気を付けましょう。

オフィス観賞植物を手入れする際のポイントは

観葉植物を枯らしてしまう原因として最も多いのは水やりです。水やりを忘れてしまって枯らしてしまったり、また反対に水を過剰にやりすぎて根腐れしてしまったりなどすることによって枯らしてしまうことがあります。植物にはそれぞれの植物に適した水やりの量があります。一般的に言えるポイントは「一度にやる量は多めに、水をやる回数は多すぎないように」というものです。
環境によっては植物に適さず枯れてしまうこともあります。冬場に寒すぎる場所などの場合十分に生育することができず枯れてしまうことがあります。どんな観葉植物にも言えるのは一定の光量を確保できる場所であること、そして年間を通じて10℃以上を確保できる場所である必要があります。
水やりをする人が決まっていない場合、だれも水をやらずに枯らしてしまう。反対に、複数人が水をやってしまい根腐れしてしまう可能性があるため、だれが水をやるのかということをある程度はっきりさせておいた方が良いでしょう。

観葉植物を購入する際のポイント

観葉植物や植木は専門の植木ショップで購入するかレンタル店から借りて利用することがほとんどです。グリーンフォエバーで購入する際には小鉢のものは数百円~、大鉢の植物は10,000円から20,000円ほどの価格帯が一般的です。これらの費用には鉢カバーなどの周辺アクセサリ、装飾のための費用や肥料などの生育のための費用を含んでいます。

観葉植物をレンタルする際のポイント

一般的なグリーンレンタル会社では個別の見積もりが多く、その顧客の要望に合わせて見積もりを出すことが一般的です。そのため一概にいくらになるのかというのは決めることが難しいでしょう。しかし、事務所の規模などである平均利用コストを出すことはできます。
従業員規模が10人以下の事務所の場合、月額料金が5,000円から10,000円ほどのことが多いでしょう。同じ規模の企業であっても空間デザインやオフィス環境にこだわりを持つ企業の場合には月額が15,000円から30,000円のこともあります。また従業員が100人を超える企業であったり、そこまで従業員が多くなくてもオフィス環境にこだわりのある企業であったりする場合には月額50,000円から100,000円の予算になることもあります。
一般的にこうした金額には植物本体の金額だけでなく、それに付随する装飾や鉢などの価格が加わります。オプションとしてそうした装飾や鉢などを利用しない場合には白や茶色のプラスチックの鉢で配置することになることがほとんどです。

オフィスで利用される観葉植物の種類とその理由

オフィスや店舗に配置する植物はどんな植物でもいいという訳ではありません。その空間に適した植物を選ぶ必要があります。この植物でなければならない、と種類が決まっているわけではありませんが、ここでは代表的な植物の設置事例を紹介していきます。
オフィスや店舗で最も植物を配置することが多いのは、エントランスや受付ロビーなど、その建物の顔となるスペースです。最も来訪者に見られることの多いこうしたスペースには安定感や高級感のあるイメージの持った植物が好まれます。またこうした場所に通常のプラスチックの白や茶色の鉢を配置するのは少し無骨な感じがするためそうした装飾にも気を使って配置することがほとんどです。
エントランスや・受付に利用されることが多い植物は、優雅なシルエットを醸し出すアレカヤシ、そのサイズの大きさやインパクトなどから選ばれることが多いオーガスタ、安定感のあるユッカやドラセナ類です。
一方、ウチに当たるオフィスの業務を行うスペースなどでは、サンセベリアやどこに置いても雰囲気を崩しにくいユッカやドラセナ類が配置されることが多いでしょう。動線や作業スペースに近い場所に配置した場合には業務の邪魔になったり鉢をひっくり返してしまう可能性があるため、デスクやコピーなどの大型の事務用品のそばや自販機の近くなど、大きくて動かないもののそばに置かれるのが一般でしょう。
また、商談スペースや社内会議を行うスペースなど通常は利用されないが一時的に複数の人が集まり話し合うようなスペースの場合、大きなサイズの植物が好まれることが多いです。こうした植物は邪魔にならないよう端のスペースに置かれることが多いですが、植物の種類やその空間によってはブラインドやパーテーションとして同一の室内で空間と空間を区切るために利用されることがあります。こうした空間ではオーガスタやパキラなどの品種が好まれます。
また社員のコミュニケーションスペースや休憩所など、業務に関係ない空間に観葉植物を配置することもあります。こうした空間に配置する目的はリラクゼーションです。業務スペースとは違う有機的な空間を作ることで気分転換を図り、業務の効率性を向上させます。こうした空間に利用される植物としてはポトスやアイビーなどの丈夫な品質が多いです。

オフィスに観葉植物を配置するメリット

オフィスに植物を配置することで求められるメリットはさまざまなものがあります。オフィス空間を有機的な植物というものを使ってデザインする。無機質なオフィス用品に包まれた空間に植物という有機的なものを配置することでリラックス効果を生み出す。また植物によるストレスの軽減によって生産性や業務効率を改善する。植物による空気清浄効果で環境の改善を行う。植物が湿度を調整してくれることによってドライアイを防いだり、湿度をコントロールすることによって空調のコストを削減する。
特に外見面以外のメリットに関しては自然のものである生の植物を配置することでしか得られないものです。

オフィス内でよく植物が置かれる場所

オフィス内で植物が置かれることが多い場所としてエントランスやロビー、受付などがあります。こうした場所は人が多く訪れる場所であるため、そのオフィスの雰囲気をより良い印象にするため、またその場所がエントランスであるということが明示できるように植物が置かれます。
また社内のリラックススペースなどにも業務員の効率改善を目的として観葉植物が置かれることが多いです。そのほかの場所としては社長室などの特別な部屋により威厳ある雰囲気をもたらすため観葉植物を配置することがあります。

観葉植物をオフィスで活用するときのポイント

オフィスの観葉植物を手入れするコツは

観葉植物をオフィスで育てる際には、その環境が観葉植物の育成に適した場所であるかどうかという点とその観葉植物を維持するためにどのようにメンテナンスしていくかという点です。
最も一般的な植物の維持方法として水やりと日光の確保があります。植物は水がなければ枯れてしまい、日光がなければ栄養を作り出すことができません。
水やりの方法は一度にたくさん水をやり、頻繁に水やりをしないということです。マメに手入れすることが良いわけではなく、植物の根がきちんと水分を吸収することができる環境を整えてあげることが大切です。水をやる量としては鉢から染み出すくらいたっぷりと。水をやる頻度は土がきちんと乾いてから行うようにしましょう。水を含んだ土はその隙間に酸素がなく、そうした環境下に置かれることによって植物は根腐れを起こしてしまいます。

観葉植物が枯れてしまう原因の大半は水やりです。きちんと適切に水をやることで多くの植物は維持することができます。
また冷暖房などがつけられている室内の場合、空気が非常に乾燥していることがあります。そうした環境下では葉水を定期的に行い植物全体が乾燥しすぎてしまわないようにすることが重要です。
あまりに手を入れる人が多い場合にも植物は枯れてしまいます。だれが水をやるのかなどはっきり決めておきましょう。
またデザインだけで植物の種類を決めてしまうと、手入れが大変だったり植物が枯れてしまうということもありえます。きちんと目的の環境に合った植物を選ぶようにしましょう。
万が一植物が枯れてしまった場合やどうしても不要になってしまった場合には不要ゴミ回収業者やレンタルグリーン業者に依頼して処分するようにしましょう。

オフィスなどにおける観葉植物の利用方法

起業した場合や事務所を移転した場合など贈答品などで観葉植物をもらうこともあるでしょう。また自社で植物を購入して育てることもあるでしょう。ある程度の規模のオフィスの場合、管理などを考えてリースしてしまうことが一般的です。ここでは植物を購入した場合、リースした場合と比較してどのようなメリットデメリットがあるかを解説していきます。
観葉植物は購入するにあたって、小さな鉢のものであれば数百円、大きな鉢のものであれば1、2万円ほどの費用で購入することができます。もちろん、植物の種類などによっては購入金額が非常に高くなるという可能性もあります。一般的な植物の場合にはこうした金額から大きく逸脱することはないでしょう。
植物本体だけの価格ではなく、鉢や周辺の装飾品など購入にあたって追加のコストがかかることがあります。こちらも特別なものなどを購入しない限り、植物を購入した値段の半分以下で済むというのが一般的です。
維持するためのコストは1、2週間に一度の水やりと葉水。葉が枯れ落ちたときにはその葉を掃除することや植物が病気などにかかってしまったときにはそれに対する対策などを行う必要があります。
廃棄するためにももちろんコストは必要です。個人事業主の場合には粗大ごみとして、法人の場合には産業廃棄物として、鉢と植物の部分を分けて処分する必要があります。
最大のメリットは費用のほとんどが初期投資だけで済むことがあります。またひとつの植物を長く育てていくという楽しみも観葉植物を購入するメリットのひとつと言えるでしょう。

オフィスに観葉植物を導入する際、レンタルするときのポイント

観葉植物を導入し、維持するためにどれくらいのコストがかかるのか。

観葉植物をオフィスに導入する場合、レンタルする方法と購入する方法があります。購入する際には買い切りになるため単純に購入金額とその他の付随する費用を計算することでコストを確認することができます。一方、レンタルの場合には費用がケースバイケースになることがほとんどです。どれくらいの期間レンタルするのか、その際にレンタル業者にメンテナンスを行ってもらうのかなどによって費用は異なります。もちろん、レンタルをする会社の規模がどれくらいで、どれだけの植物をレンタルするのかによってもその費用は異なってきます。
グリーンフォエバーではお客様のご要望も合わせてお求めやすく、そしてデザインと植物の設置によるメリットが最良と考えられるプランをご提案させていただきます。

観葉植物をレンタルする際の注意点

観葉植物をレンタルする際には買い切りとは異なり、そのレンタルの内容がさまざまです。契約内容によって、メンテナンスを行ってもらえる場合やレンタルをした会社側でメンテナンスを行わなければならないケース、月額の最低利用金額が定められているケース、現金でのみ支払いができるケースなど、そのレンタル業者やサービス内容によって様々です。
最も重要なことは単純に植物を貸し出すだけでなく、その貸し出しを行う先の環境やその企業の雰囲気に合わせて植物の選定をしてくれるかどうかです。
例えば、デザイン的に問題がないとしても環境適性を満たしていない植物の場合すぐに枯れてしまうということもあります。またその配置する空間にあったデザインの植物を選定してくれるかどうかも重要な事柄と言えるでしょう。
導入したあとのことも考えてきちんと植物を選定してくれるかどうかは植物のレンタル業者を選ぶうえでひとつの重要な項目と言えるでしょう。
また、定期的なメンテナンスを行ってくれる契約になっている場合、そのメンテナンスを行う従業員がどのような格好でいつごろメンテナンスを行ってくれるかというのもひとつの観点です。その企業の従業員ではないから関係ないと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、その企業に来訪したお客様からすると、そのメンテナンススタッフもその企業のイメージのひとつとなります。そのようなメンテナンススタッフが来てくれるのかということも、レンタル業者を選ぶ一つの指針となるでしょう。